アメリカ

オーロラをみんなで見に行こう!Vol.3:気温は?服装は?

「オーロラをみんなで見に行こう!」10回連載中の3回目。

今日は、皆さんが気になる気温と服装についてお話します。

 

1月のアラスカ・フェアバンクスの気温

Wikipediaより。

fairbanks

 

私たちの行く1月は、平均最高気温が約マイナス17度、最低気温が約マイナス27度。

日照時間は、約4時間です。

平均マイナス20度ぐらいだと考えておけば良さそうです。

 

服装は?

「マイナス20度なんて体験したことないから、服をどうすればいいか分からない!」と皆さんおっしゃいます。

でも大丈夫。

マイナス20度に耐えれる服は、私たちが住んでいるところにはほとんど売っていませんが、

フェアバンクスに行けばどこでもあります。

でも、自分で用意しなくて大丈夫です!

私たちが止まるロッジでは、服を貸してくれます。

 

Alaska3

 

日中、買い物に行く時や、何エーカーもある巨大なロッジの裏山を散歩をする時は、こんな感じで大丈夫です。

自分が持っている最大限暖かい服を持ってきてください!

靴は、スノーブーツがあればいいですが、なければトレッキングシューズでOKです。

 

DogSled1

 

犬ぞりをする時やオーロラを見る時は、こんな防寒具をロッジで貸してもらえます。

これを着れば、マイナス40度もへっちゃら!

スノーシューは、街に行く時に履いて行ってもOK。

 

Aurora3

 

これは、私たちがオーロラを見る時に、着ている服。

毎年行くので、マイナス20度に耐えられる服、買っちゃいました〜。

 

この写真の時に、着ていたもの

私が、この時に着ていたものを書きますね。

■上半身

ヒートテック的なもの、2枚。

フリースパーカー、1枚。

アウトドア用の薄いダウンジャケット、1枚。

その上に水色のアラスカ仕様のジャケット、1枚。

手袋は、薄手のものの上に借りた厚手の手袋の、合計2枚。

 

■下半身

ヒートテックのタイツ、1枚。

その上に、ユニクロの中がフリース地の防寒ズボン、1枚。

厚手のマフラー、1枚。

フリースの帽子1枚(寒い時には、この上からジャケットのフードを被る)。

 

■足元

トレッキング用の厚手の靴下、1枚。

ロッジで借りた防寒シューズ。

 

最低限、自分で用意するものは?

ヒートテック上下、数枚。

靴下、数枚。

フリース生地のパーカーとズボン。

マフラーと帽子、手袋。

普段履きのトレッキングシューズまたは、ランニングシューズ。(スニーカーはNG)

耳あてや目出し帽などもあった方がいいかも。

カイロ。

 

まとめ

マイナス10度を超えると晴天の日がほとんどで、ほとんど雲が発生しません。

そのため、オーロラが見える可能性がとても高くなります。

マイナス20度でも、マイナス40度でも、正直違いがよく分かりません。

マイナス20度を超えると、直接息をするとむせてしまうので、マフラーなどで口を覆って息をします。

そうすれば特に問題なしです。

マイナス20度以下でもオーロラを見ている時は、興奮しちゃうので、1時間ぐらい外にいても平気です。

オーロラが見えるロッジに滞在しているので、オーロラが出たら外に出て、

寒くなったらロッジの中に入ればいいので、寒がりな人も心配いりません!

みんなで一緒に、オーロラを見に行きましょう!

 

ワークショップの日程

グループ1:2016年1月7日(木)〜11日(月)

グループ2:2016年1月11日(月)〜15日(金)

1回6名様まで。

両コースとも若干の空き有り。

詳細とお問い合せは、「Tak S. Itomi」オフィシャルサイトをご覧ください!

 

ABOUT ME
いづみ
ジャーナリスト。Seven Seas Media Inc.代表。 広島大学学校教育学部在学中に訪れたアメリカに感動し、大学卒業後、留学。カルフォルニア州立大学映画学部大学院脚本学科卒。ロサンゼルス、ラスベガス、グランドサークルのスペシャリストライターとして、日本のメディアに記事を執筆。日本最大の情報サイトAll Aboutのアメリカ、ラスベガス、ロサンゼルスのオフィシャルガイド。著書には、「ラスベガス&グランドキャニオンに行きたい!」「時計じかけのハリウッド映画」などがある。