新着記事

キューバにはアメリカのクラッシックカーが走ってる?

Cuba1私たちのところには、毎日世界中から旅人がやってきます。2013年1月に私達のところに来た旅人たちが、何人も「キューバが良かったよ」とキューバの話をしました。

彼らはみんな、口をそろえてこう言いました。

「キューバに行ったことがなかったら、キューバに行った方がいい。面白いよ。ヨーロッパの街並みの中にアメリカの古いクラッシックカーが走っている。カストロは、80代後半。彼が亡くなったら、一気に資本主義が入ってくる。その前にキューバを見に行ったほうがいいよ。あそこにはいい状態の社会主義が残ってるから。」

「アメリカでもそんなに見ることのないクラッシックカーがいっぱい?」「いい状態の社会主義とはなんだろう?」

私達は、実際の目で確かめるべく、キューバに行くことにしました。

キューバ革命とカストロ

キューバで、カストロとチェ・ゲバラがキューバ革命を起こしたのが1959年。 革命が成功し、カストロがトップの座に着きました。
それまではアメリカと国交があったため、アメリカの文化やアメリカのものであふれていたキューバ。
革命後、アメリカと仲良くしようとしたカストロでしたが、それに失敗し、国交が断絶。
社会主義を徹底し、車などの自由な売買ができなくなり、 時代がそこで止まってしまいました。
そのため、革命以前に入ってきたアメリカのクラッシックカーが、今でもなお、街の中の主な車として使われているのです。

Cuba2
キューバは、たくさんのクラッシックカーと親切な人々であふれていた!

2013年3月、私達はキューバを訪れました。キューバの話を最初に聞いてから、2ヶ月後のことです。

空港に着き、乗り込んだタクシーが、すでに赤のクラッシックカー。タクシーの料金は決まっていて、空港で乗る時に値段を告げられました。

元国会議事堂近くのCasaと呼ばれる民宿まで乗せてもらい、チップを上乗せして料金を払おうとすると、運転手さんが自分の財布からお釣りを取り出そうとしました。

「お釣りはいりません」と言うと、「ありがとうに”とってもとっても”」と何度も付けてお礼を言われました。

給料は、国から誰もが同じ金額をもらっているキューバでは、チップの文化もないし、ボッタクリの概念もありません。みんなとてもいい人たちです。

街中を歩くと、うわさ通り、クラッシックカーであふれていました。車はメンテナンスをちゃんとすれば、50年以上ちゃんと使えるんですね!

街中で地図を見ながら、立っていると、誰かが必ず声をかけてくれました。

「どこに行きたいの?」って。

場所を示すと、みんなとてもていねいに道順を教えてくれました。ほんとにキューバはいい人だらけでした。

キューバとアメリカ国交回復

2014年の終わり、アメリカとキューバが国交回復の話し合いをスタートさせるとのニュースが世界中を駆け巡りました。私たちがキューバを訪れて約2年。やはり資本化の波が来るようです。

今後このクラッシックカーはどうなるのでしょうか?この素敵なキューバの街は?

アメリカと国交が回復したら、キューバに行きやすくなります。近いうちにまたキューバを訪れてみようと思います。

ABOUT ME
いづみ
ジャーナリスト。Seven Seas Media Inc.代表。 広島大学学校教育学部在学中に訪れたアメリカに感動し、大学卒業後、留学。カルフォルニア州立大学映画学部大学院脚本学科卒。ロサンゼルス、ラスベガス、グランドサークルのスペシャリストライターとして、日本のメディアに記事を執筆。日本最大の情報サイトAll Aboutのアメリカ、ラスベガス、ロサンゼルスのオフィシャルガイド。著書には、「ラスベガス&グランドキャニオンに行きたい!」「時計じかけのハリウッド映画」などがある。