アート

「面白いように扉が開く!行動すると結果はついてくる」は本当の話。

2013年4月6日土曜日。

インディペンデントの映画祭で、私たちが出演している映画が上映された。

タイトルは「死なない子供、荒川修作」。

英語名は、「Children who won’t die」。

 

 

これは、私たちが日本で住んでいた「三鷹天命反転住宅」に住む人々と、そこを作ったアーティストの荒川修作氏のドキュメンタリー映画だ。

監督は、ベルリン映画祭など、国際的な映画祭で数々の賞を受賞した山岡信貴さん。

山岡監督の家族は、私たちより前から反転住宅に住み、私たちが出て行った後も反転住宅に住んでいる。

監督とは、アメリカに来てからも、ちょこちょこ連絡を取り合っていた。

「アメリカで作品が上映される」という話を聞いたのは、数か月前。

今回とは別の映画祭での上映だったが、この時は都合が悪くて行けず……。

 

Child3

 

そして、今度は、「ロサンゼルスの映画祭に作品が選ばれたから、2週間ロサンゼルスに行く」と連絡あり。

前回上映された「遊星メガドルチェ」に加えて、私たちの出ている「死なない子供」も上映されるとのこと。

わーお、私たち、ハリウッドデビュー!!

映画祭のスケジュールを見てみたら、山岡さんの作品がいっぱい。

 

久しぶりに再会した私たち。

前回会ったのは、約2年前。

「死なない子供、荒川修作」が、日本の映画館で上映されていた時だ。

その時は、吉祥寺の映画館での上映&トークショーに呼んでもらった。

 

トークショーの冒頭、「2人とはいつも話が合わないんですよね」と、言われ、ちょっとびっくり。

私たちも、話が合わないと思っていたけど、こんなところで言われるとは……。

でも、山岡さんとは、話が合わないのが面白いんだな。

 

Child2

 

なんだかんだで、今回の滞在中、何度も山岡さんと会って話をした。

「久しぶりにアメリカに来て、私たちがいつも話していることが少し分かった気がする」と言っていた。

「それは良かった!!ね、アメリカって面白いでしょ!」

 

4月6日は、たくさんの山岡監督映画を見ることのできるYamaoka Day。

夜8時45分から、山岡さんのトークショーがあり、その後、「死なない子供、荒川修作」と「遊星、メガドルチェ」の2本が上映された。

 

Child2

 

トークショーの中で、「なぜ映画を撮るようになったのか?」という質問が出た。

山岡さんの話を短縮するとこんな感じ。

「人の映画を見て、自分で作れると思って、作ってみた。配信する方法が分からなかったから、映画祭に出してみたら、賞を取り、ベルリン映画祭やいろんな映画際に招待された」とのこと。

つまり行動したら、良い結果がついて来たという訳だ。

 

トークショーの前に会った時、なぜこの映画祭に出展することになったのかを聞いてみた。

すると、「自分の作品は、アメリカではウケないと思ってたけど、去年映画祭に出してみたら、選ばれた。それを見に来た人が、今回の映画祭に誘ってくれ、今度は、今まで撮った作品を全部上映したいとオファーをくれた」とのこと。

つまり、今回も、行動して、良い結果がついて来たという訳だ。

 

行動しないと何も始まらない。

行動すれば、必ず結果はついてくる。

そして、すべては良い方向に向いて行く。

山岡さんは、それを完全に実体験している。

 

そう言えば、私たちの仲の良い80代の友達は、いつもこんなことを言っている。

「アメリカは、何かしたいと思った時、面白いほど扉が開く国」。

80代の方が言うのは説得力がある。

そして、その友達の行動力は、ハンパない。

若い私たちは、聞くだけでワクワクするし、刺激を受ける。

何かをしたいと思った時、考えているだけでは、何も始まらない。

でも、少しでも行動すれば、必ず結果はついてくる。

アメリカは、特にそれが分かりやすい国。

もし、何かに迷っているのなら、まず行動。

私も、それを心がけねば!

 

Child4

 

今回、山岡さんの作品を2本見た。

そして、いつも話が合わないのに、考えていることはすごく似ているなと思った。

きっと話が合わないのではなく、表現する方法とかが違うだけなんじゃないかな。

次回は、現在制作中の3D映画をアメリカで上映したいとのこと。

とても楽しみだ!

ABOUT ME
いづみ
いづみ
ジャーナリスト。Seven Seas Media Inc.代表。 広島大学学校教育学部在学中に訪れたアメリカに感動し、大学卒業後、留学。カルフォルニア州立大学映画学部大学院脚本学科卒。ロサンゼルス、ラスベガス、グランドサークルのスペシャリストライターとして、日本のメディアに記事を執筆。日本最大の情報サイトAll Aboutのアメリカ、ラスベガス、ロサンゼルスのオフィシャルガイド。著書には、「ラスベガス&グランドキャニオンに行きたい!」「時計じかけのハリウッド映画」などがある。